悪玉コレステロールがもたらす不健康|バランスGOODな食事

flower

病を予防して健康体

man

中性脂肪の数値にまで繋がってしまう悪玉コレステロールは、動脈硬化の病を招きやすいために改善や予防が必要です。健康的な食事に気をかけることは勿論、取り入れやすさが一番肝心で、サプリメントが男性から人気を集めています。

動脈硬化を未然に防ぐ

動脈硬化などの病気を引き起こす悪玉コレステロールを減少させましょう。手軽に出来る対策などを紹介しているサイトがこちら!

medicine

いずれは脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因となる動脈硬化、そんな動脈硬化を進行させてしまうのが悪玉コレステロールと呼ばれるものです。それを防ぐためにはコレステロールが少ない食事を心がけることが大切です。そして、コレステロールの値を下げてくれる食品を出来るだけ食べるようにするというのも動脈硬化を予防する効果があります。油というと体にあまり良くないのではと思われがちですが、えごま油には悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす成分が入っています。牡蠣に含まれるタウリンには血中コレステロールを下げる働きがあります。このようにコレステロールを増やさない食事とコレステロールを下げる食事をバランスよく摂取することが動脈硬化を防ぐのに効果的なのです。

コレステロールというと悪いものというイメージがありますが、コレステロールそのものは私達の体の中で作られていて大切な役割を果たしているのです。しかし、中には悪玉コレステロールと呼ばれる増えすぎると動脈硬化の原因となってしまう物質もあるのです。それを防ぐにはコレステロールの値を適度に調節する必要があります。人間には本来そのような働きがあるのですが、その働きをしている肝臓に負担をかけていると調節機能に問題が発生することがあります。そうなってしまうと悪玉コレステロールが増えすぎてしまうという事態に陥ってしまうこともあるのです。そうならないためには、コレステロールの摂取を控えると共に肝臓へ負担をかけないように心がけることも重要です。

血管中の運搬機能

girl

血管機能の状態を推測する目安の1つに、コレステロールが挙げられる。主に肝臓で合成されるその量を維持するためには飽和脂肪酸やトランス脂肪酸に注意する必要がある。悪玉コレステロールは運搬を手助けする成分の1つで、増えすぎると血管を詰まらせる原因になり得る一方、正常なら運搬機能を維持する一役を担う。

2つのコレステロールとは

medicine

コレステロールは細胞にとってなくてはならない物質です。これにはHDLコレステロールという善玉とLDLコレステロールという悪玉の2種類あります。血管内の悪玉コレステロールが増え過ぎますと、動脈硬化や心臓あるいは脳の疾患にかかりやすくなりますので注意が必要です。